Windows10には市販セキュリティソフトは必要ない!?Windows10移行の勧め

Windows7がサポートが終了し、更新プログラムの配布が無くなりました。

ということは、Windows7は新たなる脅威(ウィルスや不正アクセス)に対抗できなくなります。犯罪者は、新しい攻撃方法を見つけ、新しい攻撃に対して脆弱な古いパソコンを狙い撃ちにします。そのため、古いWIndows7搭載パソコンでは、「乗っ取られたり」、「情報を抜き出されたり」する可能性が高くなります。

Windows10はほどんトのWindows7搭載パソコンで動く

そこで、Windows10へのアップグレードが必要となります。実は、WIndows10はほとんどのWindows7搭載パソコンで動きます(例外的に格安PCは無理の場合があります)

(ちなみに、当店ではこちらで得なWindows10へのアップグレードキャンペーンを行っております。)

Windwos10はとても優秀なセキュリティを搭載。トラブルも少ない。

で、Windows10って、実は高性能なセキュリティソフト(アンチウィルスソフト、ウィルス対策ソフト含む。なお、ウィルスソフトはウィルスそのもののことです。以下セキュリティソフトに統一)が最初から搭載されています。WIndows10を使う限り、「無償」です。

無償のセキュリティソフトってどうなの?と思われるでしょう。先日、アバスト(avast)という有名な無料セキュリティソフトが作動しているパソコン上のデータ(ユーザの詳細な行動記録等)が、アバストのメーカーによって販売されたいたということで、大きな騒動となりました。これはかなりの大問題です。

また、NTTの提供しているセキュリティ対策ツール(ウィルスバスターのトレンドマイクロ社製)が原因で、Windows10の大型アップデートが失敗し、パソコンが起動しなくなるという大問題も一時期起こっていました。また、同じトレンドマイクロ社のシステムが踏み台とされ、不正アクセスに使用されたということもここ最近で起こっています。

すべて、セキュリティソフトが通常のソフトウェアでは触れない、パソコンの深いシステムに関わるソフトウェアであることによって引き起こされた問題です。そもそも、WIndows10において、そのようなセキュリティソフトは本当に必要なのでしょうか?

Windowsを作っているのは、ビルゲイツさんでも有名なマイクロソフト社です。それ以外の会社が、システムの中心に触れるようなソフトウェアを作るとなると、Windowsの更新の妨げになるのは、だれが考えてもわかるようなことですよね。また、世界一の企業ともいえるマイクロソフトがセキュリティソフトを作っているというのは、すごく安心できることではないでしょうか。マイクロソフトは、Windowsが動いているパソコンの状況をユーザの許可の元把握できます。世界一、WindowsPCに対するビックデータを補修している会社と言って間違いないでしょう。そのマイクロソフトが作るセキュリティなら、どんな新しい悪質な手口が登場してもすぐに解決できるはずです。一般的な会社とはデータの保有量も、企業としての体力も比較にならないですから。アリと象の喧嘩のような話です。

で、実際先日、お客様のWindows7のパソコンをWindows10に更新させていただきました。更新前に導入されていたセキュリティソフトは問題の「アバスト(avast)」。速攻でアンインストールして、Windows10に更新したところ、「いくつかのウィルスにパソコンが感染していた」旨の通知がWindowsのセキュリティによって行われました。なぜアバストが通知してくれなかったのか謎です。

ともかく、Windows10は無料で高性能セキュリティがずっと使えるから長おすすめです!というお話でした。

コメント

お問い合わせ電話番号092-791-7239
タイトルとURLをコピーしました