Windows7のサポート終了に伴う、パソコン買い替え時のデータ移行について

担当の藤原です。

Windows7を使用されているユーザー様もまだまだ多数いらっしゃることとは思いますが、使われている方は画面に「サポート終了」の表示が出ているかとおもいます。その表示に伴い、最近増加したお問い合わせは、「Windows10のパソコンを買ったから、データを古いパソコンから移動したい」という内容です。

さて、データ移動とはどうしたらいいのでしょうか。USBのディスクを使ってコピーすれば終わり、というわけではないのでご注意ください。

パソコンの中には作成されたデータ以外に、以下のような様々なデータが存在しています。

  • インストールされているソフトウェア本体と、それに紐づけされているデータや設定
  • 受信したメールデータ
  • 登録しているメールアカウント情報
  • インターネットブラウザ(インターネットエクスプローラ)のお気に入りの情報

などなど。これらのデータは、作成したデータと同じようにコピー&ペーストやドラックでコピーできない場合も多くあります。つまり、新しいパソコンへのソフトウェアの再インストールや、インストールしたソフトウェアの再設定などが必要となってきます。

ソフトウェアの再インストールや再設定でご注意いただきたいのが、シリアル番号や購入元や購入方法、ユーザー登録番号(IDやメールアドレス、パスワード)が不明な場合、ソフトウェアの再利用が出来ない場合があるということです。そのような情報の調査も当店では行いますので、ご不明な点があればご相談いただけましたら幸いです。

コメント

お問い合わせ電話番号092-791-7239
タイトルとURLをコピーしました