「2020年1月14日にWindows7のサポートが終了します」と表示が出たら?

Windows7が販売されてすでに十年経とうとしています。その間、世界は劇的に変化し、インターネットは誰もが使うものになりました。パソコンだけではなく、どこでも使えるスマートフォンの普及により、さらにインターネットは身近なものになってます。しかし、パソコンが使われなくなったわけではなく、スマートフォンではスマートフォンの、パソコンではパソコンの得意分野があり、両方が使われている状況です。

「最近パソコン使わなくなったから」といって、パソコンを放置していませんか?たまに使うパソコンが、悪意を持った他者(犯罪者)から生活を脅かされるきっかけになるケースも、近年では増えています。

現代のパソコンは使っている間に、インターネットを通じて自動更新される仕組みを備えています。そこで問題となるのが、たまにしかパソコンを使わないと、この自動更新が行われていない状態が続くということです。

自動更新が行われないと、どうなるのか。外部からの不正アクセスや、ウィルス感染への抵抗力が著しく弱くなります。世界は進化し、様々な新しい攻撃手段を生み出しており、それらの脅威にパソコンが対抗できなくなるのです。

そのような仕組みを使って、十年間かけてWindows7も少しづつ更新されてきました。しかし、十年前の技術で作られたWindows7の基本的な部分には限界があります。そこで、新しい技術により最新のセキュリティを備えたWindows10が登場したのです。

Windows7の更新が終わるのは、企業(Windowsを作っているマイクロソフト)としては古い製品の更新にコストがかかり、メリットがないため致し方ありません。古い技術をお金をかけて使っても、結局お金がかかる割には効果が少ないのです。これは、ウィルスバスターなどのセキュリティソフトを使っても、Windows7の安全は完全には守れないということです。お金かけてセキュリティソフトを使っているので大丈夫、と思い込むのはやめておいたほうが良いと言えます。

Windows10を使うにはどうしたらいいの?パソコンを買い替えないといけないの?という疑問が出てくるでしょう。使い方も変わるの?という不安もあるでしょう。

パソコンヘルパーでは、お客様の負担は最小限で、最新のセキュリティ環境でお使いいただく提案を行います。一度お問い合わせいただけましたら幸いです。

コメント

お問い合わせ電話番号092-791-7239
タイトルとURLをコピーしました